関ヶ原合戦まつり2013 皆様の御勇姿を観て参りました♪

  • 2013.10.24 Thursday
  • 19:20
こんにちは。
W台風、藤原の効果??例年からしたら季節外れの台風がとても気になる今日この頃、皆様の地域ではご安全にお過ごしでしょうか?
 早くも一部、週末のイベントが中止というニュースも聞こえ、歴史イベント愛好家の皆さんにもなんだか歯がゆい状況ですねkyu

 さて、女将は10月20日、関ヶ原合戦祭りに行って参りました!
と言っても、今回は…観覧者として:)
当日会場でお会いした方にも「あれ?女将は甲冑で参加じゃないの??」と不思議がられましたが、いえいえこんな大きな祭りこそ、ゆっくり観て楽しみたいな〜と。
 一助朋月甲冑のお客様もMY甲冑参加されていらしゃったり、多くの武者友達・歴史愛好仲間が結集されていらっしゃったり。
こんな時こそ、多くの方のご活躍を拝見したいと思い、普段着服で一路関ヶ原へ!!
P1040781.JPG
 折しも天気は無情の雨雨残念ながら歴史行列など数々の野外プログラムは変更・中止となってしまいました泣き主なプログラムは関ヶ原ふれあいセンターホール内に変更。
 ですが、会場周辺では、戦国武将グッズショップの出張販売や、各地方の歴史顕彰ブース、周辺地域の旨い物露店等、賑わっていました!
 高知からは長宗我部最高委員会さんがグッズ&高知・長宗我部関連情報ブースを出しておられ、期せずして5月(長宗我部の陣)以来の懐かしい皆さんと再会楽しい素敵な地域情報誌をもらい、また高知に行きたくなりました。

 さて、今回の祭りのクローズアップは「薩摩・島津軍」
西軍として参戦し、「島津の退き口」といわれる壮絶な突破劇は歴史FANにも有名。今回はそんな島津軍にちなんだ催しを取り揃えた関ヶ原合戦祭りなのでした。という訳でここで【本日の旨い物】
島津家代々の菩提寺「妙円寺」のある、鹿児島県日置市より、地元の方による「伊集院鍋」の御振舞い!
P1040782.JPG
たっぷりのお野菜を白みそで煮込んだ、優しいお味ニコッ雨で冷えた体がホッと暖まりましたハートごちそうさまです。

 さて、腹ごしらえも済んだところで、ホールへ移動。「島津の退き口」に関する桐野作人先生の御講演を拝聴して、予備知識も十分!いざ、お祭りの花形、今回の参陣武者全隊による、各隊布陣パフォーマンス(各隊紹介)です。
いよッ!待ってましたゆう★

東西両軍紹介の前に、今回は島津公を顕彰する日置市伊集院町の伝統的な武者行列「妙円寺詣り行列」の皆さまが登壇。
P1040792.JPGP1040797.JPG
島津家繁栄の顕彰と祭りの成功を祈念した祭文を奏上されされました。

そして西軍、石田隊から登壇
P1040799.JPGP1040805.JPG
島左近殿の熱烈マイクパフォーマンスでした

次は島津隊
P1040806.JPGP1040815.JPG
島津義弘公と島津豊久殿が盛り上げる「エイエイ、チェストーーー!」

そして宇喜多隊
P1040816.JPGP1040825.JPG
人気の石田隊、話題の島津隊に一歩引かず、家臣も宇喜多秀家も力強さをアピール。

続いて大谷隊
P1040826.JPGP1040834.JPGP1040840.JPG
どうやら湯浅五助はじめ手練れの側近が足軽より弱いことが判明?!…不甲斐無さから挙句に五助が切腹か…ゆう★

そして西軍のトリは小早川隊
P1040843.JPGP1040848.JPG
世の中の小早川秀秋のマイナスイメージを払しょくしようとクイズや決めポーズをPR

そして東軍、まずは黒田隊
P1040851.JPGP1040857.JPG
若き大将、黒田長政の前には集うは、副将・後藤又兵衛に米軍並みに(笑)鍛え上げられた屈強な兵士たち

次は福島隊
P1040867.JPGP1040877.JPG
かつて黒田長政家臣の母里太兵衛と名槍「日本号」を賭けて大酒対決したエピソードを披露…と、そこに宇喜多隊の刺客が乱入!

次は藤堂隊
P1040886.JPGP1040890.JPG
「何度も主君を変えたと言われているが、こちらから裏切ったことはな〜〜〜い!」と体中で渾身のアピール

そして井伊隊
P1040891.JPGP1040892.JPG
「今回は何やら嫌われ役のようだが、ワシがいなかったら、幕末の開国も、彦根城も、ひこにゃんもなかったんだ〜〜!」と歴史に井伊直政公有りをPR(笑)

そして大トリは徳川隊

P1040899.JPGP1040902.JPG
大御所もさることながら、この戦の功労は歴戦の右腕・本多忠勝公に有りと紹介

どの隊も個性豊かで楽しいパフォーマンスでした。
さて、この後は甲冑劇「関ヶ原合戦絵巻〜漢たちの誇り〜」、全編上演は出来なかったようですが、クライマックスシーンである「島津の退き口〜井伊隊VS島津隊・島津豊久の誇り〜」のみ上演。後で伺った話によると、これ、当日急きょ編集構成されたのだとか。そんなことはみじんも感じさせない。迫力のシーンでしたき
P1040907.JPGP1040913.JPGP1040929.JPGP1040933.JPG
動画もUPされました映画

 一日じっくり堪能いたしました。お客様や友人方が生き生きされているのは、見ていてこちらも熱くなりますねグー
甲冑を纏う人がイキイキ楽しく過ごせるように、もっと底支えして行こうという元気を頂きました!

 なお、今回のお祭り画像は一助朋月のFACE BOOKページ内のアルバムにて全公開しております。拙い写真(コンデジ)ですが、「あ、自分が写ってないかな〜」と気になる方、是非アクセスしてみてくださいね。
時代物工房 一助朋月FACEBOOKページ https://www.facebook.com/1suke


 ご参加の皆様、スタッフの皆様、ブース出展の皆様、本当にお疲れ様でした。冷たい雨の一日でしたが、どうぞお疲れからお風邪など召されませんように。

●関ヶ原合戦祭り:毎年10月中旬(20日に近い土日)
武者行列:有り…毎年8月上旬から関ヶ原地域振興課サイト「
関ヶ原歳時記」等で募集開始(完全募集申込み制)役柄・希望隊、甲冑劇や殺陣参加などにより選考があります。
衣裳:甲冑一式(役柄に応じた参加料要)
MY甲冑については大将・副将枠にて持込み可。事前に役柄や時代設定に合う物か写真提出の審査があります。


 それでは、台風に負けないで、でも無理はしないで安全第一で!まだまだ秋のイベントシーズン、元気に各地でご活躍くださいね筋肉
笑門来福

時代物工房 一助朋月
 



 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

【送料無料】 奈良甲冑師の研究 / 宮崎隆旨 【単行本】
【送料無料】 奈良甲冑師の研究 / 宮崎隆旨 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
現存文化財甲冑の多くは奈良の甲冑師が作った。その姿をたどる渾身の研究

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM