確定申告!〜専従者ゆえの場合〜

  • 2018.03.15 Thursday
  • 01:51

  皆さん、こんばんは!久々夜中の更新…女将ゆえです。

 暖かな日が増えてきましたね。明けぬ冬は無いと、近所の梅の花もほころんでいます♡

さてさて、日付変わって本日は3月15日!自営業者やフリーランスの方は

「確定申告書提出の締め切り日」ですね。皆様お済みでしょうか??私は先週無事提出、今年はギリギリまで掛かるかな〜と焦っていたのですが、1週間繰り上げてフィニッシュ!決算の業況はさておき、ひとまず安堵しております(;^ω^)

 

 実は、経理を預かる者としては恥ずかしながら、私は本当に数字が苦手で…小4の算数で挫折した方の人間です。それでも、ここ6年間何とか経理をまとめて帳簿から決算書に落とし込み、青色申告しております。

 実は、青色申告は単式簿記の10万円減税なら実質作業はほとんど白色申告と変わりません。そんなところを素人ながら、ちょっとお話してみたいと思います。(こんな私でも割と聞かれるので…)

 

簿記経験なしでも大丈夫、専従者が居るなら青色申告の方がお得!

まず、専従者って?=ざっくりいうと自営業の仕事を手伝っている、協働している家族です。

ただ、大まかな定義は15歳以上で年間6ヵ月以上「もっぱら事業に従事していること」…ちょっと手伝っている程度でなく、他に勤めているわけでもなく、その家業に大きく関わっている人という訳です。

 

 白色申告にも専従者控除(配偶者なら上限86万円、その他家族は上限50万円控除)があるのですが、

青色申告の「専従者給与に関する届け出」(専従者の月給額を税務署に予め届け出る)を出せばその年間の全額を経費に出来ます。

もちろん白色申告の控除額86万円以上の金額です。(だって86万円って月収約7万円…)

 青色申告って帳簿が複雑で面倒ってイメージですが、それは複式簿記の場合です。(私だって貸借対照表ってよくわかりません)

加えて、2014年から白色申告でも帳簿付けが義務化されています。家計簿程度の物でも結局帳簿はいるんです。

(まあそもそも、帳簿が無いと決算できませんが…)

 なら、減税のある青色の方が得!私自身、「かなり我流ですが、こんなので青色申告できますか?」って税務署の講習会で相談したところ…

「帳簿、ちゃんとしてますよ。講習で教えるのもあくまで一例ですから、まずは自分の分かりやすいようにつけていれば大丈夫です。」とあっさりOK!そう…小学生の算数脳で大丈夫でした(笑)

 

 本当に単式簿記での届け出なら、決算書作成時に書き込む内容はほぼ変わりません。月ごとに売り上げと支出を書き込むなど書き方がちょっと変わるだけです。(逆に白色申告にあった、代表的な売上先と仕入先を書かなくて良くなる。)

 

  更にこれは主婦として言うと、私の給与は結局のところ生活費になってます。…というか、生活費に必要な額を給与額にしました。

 

算数脳でも専門ソフトが無くても大丈夫

 私は「弥生」とか「勘定奉行」とか使ってません。比較的お商売も単純だし。

まあ、今はフリーの事業会計ソフトとかアプリも色々あるんでしょうけど、

専ら、マイクロソフトofficeの「Access」と「Excel」頼みです。「Access」は前職や前前職で割と使っていたので、データ蓄積と抽出に「Access」便利だな〜というのと、やっぱり単純に表を作るのは「Excel」という、20年前のPC知識でやってます。

インストールするにもAccess安いし…今やoffice365の使い放題に入ってるし。

 自分の分かりやすいように作って、それでデータに間違いがないなら、大丈夫ってわけです。

 

じゃ今年から青色申告&専従者届……するなら、急いで!

 青白申告と専従者給与支払いを経費として計上をスタートするなら、その年の3月15日までに届け出ないといけません

…ん?

…今日やん!!!

 

今日昨年の申告出しに行く人は、そのついでにお忘れなく!

今からでも、青色に切り替えるって方も、もっかい税務署にダッシュ!!

 

世のため、人のため…税金は納めた方が良いのですが、いかんせん大波小波に淡く揺らめく小商い。身の程にあった納税が出来るよう確定申告も上手く付き合いたいものですね。

 それに、苦手なことをキチンとできてる大人の自分ってのも、ちょっと好きだったりします(笑)

 年に一度の決算、結果をしっかり受け止めて、また皆さまにより良い形で還元できるよう一層気を引き締めて参ります!

 

以上書いた内容は、あくまで私のやり方なので、詳しくは税務署や税理士さん、または商工会の税務・帳簿指導などでご確認くださいね。(念のため)

 

最後に、実店舗近影♪

頂いた地元曳山祭りと各地の告知ポスターで、さながら昭和の芝居小屋かキネマ館のような風情に…

歌舞伎、雑賀衆、忍者!!楽しや楽し〜🌸

笑門来福

 

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
WEB 時代物工房 一助朋月

520-0059滋賀県長浜市元浜町18-20

TEL 0749-50-4937
いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】 @yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

【送料無料】 奈良甲冑師の研究 / 宮崎隆旨 【単行本】
【送料無料】 奈良甲冑師の研究 / 宮崎隆旨 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
現存文化財甲冑の多くは奈良の甲冑師が作った。その姿をたどる渾身の研究

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM