5月5日令和初めての自主イベント「長浜端午の鎧遠足」ありがとうございました。(&諸々告知♪)

  • 2019.05.19 Sunday
  • 23:19

 皆さんこんにちは!舞台アクション用樹脂製甲冑と殺陣用カーボン刀身の時代物工房 一助朋月、女将のゆえです。

 やってまいりました、令和!連休は如何お過ごしだったでしょうか?

 

 私たちは令和最初の端午の節句を長浜城(豊公園)で楽しく「鎧遠足」致しました!

P5051970b.jpg

 この日は、メジャーな戦国イベント・武者行列が他方でも多く開催される中、

「一助朋月イベントのゆったりさが良いんだよ」「長浜城に行きたいな〜と思って」「いちど一助朋月のイベントに行きたかったので」

と当方イベントを選んで近くから遠くからお集まりいただきました!何ともありがたいことです。

KIMG1145.JPG

若女将もしっかりお出迎え!

DSCF7963.JPG

近くの市民施設を着替え場所にお借りして、お昼前にいざ一路城に向かいます。

DSCF7969.JPG

今回の最年少ご参加者さま「茶筅まる」様、なんとこれが貴重な初節句!御父上様と堂々の初陣です。

(更衣室に若女将の新生児布団持ち込んで陣を整え全力でおもてなし💓可愛く寝返ってくれました←意味が…)

 

新緑の長浜城周辺は良ロケーションの宝庫!

DSCF8048.JPG

映えるスポットを活用?

DSCF8079.JPG

 

 事前に長浜城歴史博物館に確認も取り「甲冑で入館してもOK」とのことだったので、天守最上階(展望台)にも上ってみたり、

中の展示を見学したり、ちょうどお茶席があった日なのでそれを楽しんだり…

DSCF8053.JPG

新緑とツツジも美しいですね〜お方様。

DSCF8033.JPG

 

さて今回のお弁当昼食はこちら

長浜の配達お弁当屋さん「ましっそ屋」さんの幕の内弁当です。そぼろご飯が素敵!

ましっそ屋さんは会議やスポーツ大会、イベントなどにお弁当配達されています。

 

そして、今回どうしても女将はつけたかった…デザートに柏餅!

KIMG1154.JPG

端午の節句ですからね〜♡暦もみんなで味わうのもまた楽しみ!

P5051986.JPG

終始和気あいあい、行楽で訪れていた方にも楽しい端午の節句の思い出となる一日になりました。

改めましてご参加の皆様、本当にありがとうございました!

KIMG1153.JPG

 

 さて、こちらのブログをご覧いただいて「長浜で甲冑着るのたのしそ〜〜〜♪」と思った方、次のチャンスは

6月8日(土) 長浜近世城下町ふるさとまつり で楽しみましょう!

P6091461.JPG

こちら、今年もゴールは長浜城です!

武者行列パレード後は約3時間ほどフリータイムがあり、衣装・甲冑姿のまま長浜市街を「街ブラ」出来るのが魅力です。

参加申し込み締め切りは5月22日(すまない締め切り間近!)

自分具足・自前衣裳の持ち込みが可能ですので、是非自慢の一領でご参加くださいね。

申し込みと詳細はこちら(公式サイトへジャンプ)

 同日、弊店実店舗では武者行列終了後より、参加者様交流・休憩スペースとして、「武者溜り」と題しまして店内奥中庭を開放します。是非お越しくださいませ。気になった武者さんや催事出演交渉してみたい殺陣演者さんに声を掛ける場にしてみてくださいね。

(ただ、今年は弊店は蔵の修理の足場が当日も残っている懸念があり、その場合は例年より少し狭くなるかもです…ご了承くださいませ。)

 また、今年は市の実行委員会のほうでも大手通りの金谷公園に出演者交流・休憩スペースが用意されるとのことなので、こちらも併せてどうぞ♪

昨年の様子レポートも是非どうぞ

musyadamari2018s.jpg

そしてもう一つ告知!

弊店ではただいま令和改元記念として、「色々縅祭〜イロイロオドシ‐フェア〜」開催中です。

iroiroodosi_s.jpg

通常の毛引威二枚胴のコーディネートセットのご注文で、お値段そのままで単色縅(ワンカラー)から色々縅(最大3カラー)にアップグレードの特典サービス!

新時代を華やかに彩りませんか?詳しくはWEBのキャンペーン告知ページをご確認ください!

…ちなみに現状こちらのプラン…予約ゼロ件です‼‼(ちーん)

なので…はい…是非ぜひ…。

あの、それって得だな〜って思えたらで良いんで(笑)

 

以上、イベント報告と告知のブログでした

ご高覧ありがとうございます!

令和も笑門来福!でまいりましょうね♡

 

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

(参加者並びに関係者以外の方によります無断転載・無断転用は一切ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。)

 

明けてましておめでとうございます!〜2019年も始まりは開運☆鎧詣りから〜

  • 2019.01.19 Saturday
  • 17:22

 皆さんこんにちは!ブログは2019年第1回目の更新となりますね。

明けましておめでとうございます!本年も皆様のご多幸をお祈り申し上げます❤

滋賀県長浜市の樹脂製アクション甲冑と殺陣用カーボン刀のお店、時代物工房 一助朋月、女将のゆえです♪

 

さて、本年も弊店イベント「開運☆鎧詣り」を開催いたしました!甲冑愛好家の皆さんの鎧着初めを運の開ける縁起の良い初詣にできればと思い、なるべく毎年この時期に開催しております。年々少しずつ反響を頂いておりまして、今年は総勢27名で長浜八幡宮におまいりに行きました。

P1131309.JPG

私どもお世話のイベントでは恒例!着替え完了後、出発前の自己紹介から始まります。

P1131302.JPG

若女将も参加!ちゃんと皆さんに一助朋月一家揃ってご挨拶ペコリ。

自己紹介と留意点の確認が終われば、いざ八幡宮に向けて出陣です。

武者の参拝ですから、威風堂々華やかに武威を示して向かいます。

P1131336.JPG

P1131342.JPG

P1131343.JPG

途中こんな写真映えゾーンがあったり❤

P1131357.JPG

P1131359.JPG

そして、約10分ほどで長浜八幡宮境内に到着。それにしても良い天気でした♪

P1131371.JPG

P1131374.JPG

順にご神前に参拝

P1131383.JPG

P1131387.JPG

参拝後はしばし境内にてフリータイム。

ご朱印を頂いたり、おみくじをしてみたり、一般参拝者の方のお写真にお応えしたり…ひと段落したところで集合写真です。

P1131397c.jpg

ぐっと密集!ちなみに過去最大の参加人員です。撮影係Tさんに手早く撮影して頂き、元来た道を帰ります。

 

そして帰陣いたしまして、今回初の試みとなりましたお弁当昼食会です。

(じつは昨年の際に、結果的に帰陣後昼食会となり、なんだか皆ワイワイ和んでいて「あ、これでいいのかも❤」と思い至り、今回正式に会費に昼食代を含めて手配する形式にしました。)

 その期待高まるお弁当はこちら!女将、厳選しました…

米原駅名物駅弁「湖北のおはなし弁当」FROM井筒屋!!!!

(一定数量や一定金額の注文で団体配達可能なのです!)

DwyDTv6UwAAHbU4.jpg

DwyDUzmUYAI3Y4b.jpg

旅情溢れる外装の中は…

DwyDVW6UcAA04dX.jpg

季節のおこわ飯(冬は黒豆ご飯というのがまた新年らしくて素敵)と鴨ロースや赤カブ漬やエビ豆などの郷土料理が味わえるのです。

 さて、食後は遅れて参加の方も合流してのロングフリータイム!

私と若女将は陣留守居役、店主・一助はお店オープンですが、参加者の皆さんは再び装束を調えて長浜の街を散策へ。豊国神社へもお参りされていたようでした。

oFDk4tom.jpg large.jpg

以上、参拝はカッコよく後はのんびりな弊店主催イベント「開運☆鎧詣り」でした。

毎年これがよかったのかと試行錯誤なイベントですが、また続けていけたら幸いです。

 

今回は専属に撮影係をツイッターを観て興味を持ってくださったTさんにお願いしてみたり、

(またすごく丁寧な撮影と対応で本当に助かりました。ここまでやるのが「カメラさんの対応」というのか…と感謝と感心しきりでした。)

他写真ご提供の安土衆蒲生賢秀様と咲比売様もありがとうございます。

着替え・食事場所に快く町の集会所を貸していただけたり、八幡宮様にも参拝許可いただけたりと周囲のご理解とご協力に深く感謝致します。

 そして何より、楽しみたいと朝早くからお集まりくださった参加者の皆様、本当にありがとうございました。

皆様の2019年の活動のご安全とご武運を改めまして心よりご祈念申し上げます!

 

もちろんブログをご高覧の皆様にも幸多き平成の結びと新時代の幕開けとなりますように❤

笑門来福!

DwyBfmsVAAAu2GD.jpg

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

(参加者並びに関係者以外の方によります無断転載・無断転用は一切ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。)

年末のご挨拶も兼ねて~石田三成祭2018出陣ありがとうございました!(そして若女将の初陣?!)〜

  • 2018.12.31 Monday
  • 12:36

皆さんこんにちは。

滋賀県長浜市の樹脂製アクション甲冑と殺陣用カーボン刀のお店、時代物工房 一助朋月の女将ゆえです!

 すっっっかりご無沙汰してしまいました。2018年の大晦日、皆さんは如何お過ごしでしょうか?数日来の暖冬傾向から一気に冷凍庫のように寒いですね。

 

 さて、年末のご挨拶も兼ねての超鈍速イベントレポートです(;^ω^

 さる11月4日 滋賀県はご当地長浜市にて恒例の石田三成祭が開催されました!

 毎年ご参加の方も今回が初めての方も、市内からも遠方からも、自慢の得具足引っさげ石田三成の生誕地・長浜市石田町に集いました!

 

DSCF7594.JPG

朝のミーティング↑

 初めましての方も、私にとっては数年来のお懐かしい方も、そしていつもご一緒してくださる方もまずは和気あいあいと自己紹介。そしてその後スタート地点へ移動し、武者行列開始の合図を待ちます。

 ところでこの武者行列、実は行程は僅か約200mなんです。なので私、狙っていました…

「若女将の初陣はここぞ!」と。

 若女将も早3歳、ありがたいことにこの家業や甲冑も好意を持ってくれてます。

というワケで、得具足引っ提げ若女将立つ!!!

KIMG0378B.jpg

W三成さまと💓

KIMG0386.jpg

そして、大和の地より駆けつけた左近くんともご挨拶。すっかり気を良くした若女将はこのまま、

隊列ではゆるキャラさんの前に位置取りし護衛のように自信満々に出発。

DSCF7629.JPG

小雨の心配はありましたが、無事行軍し本陣に到着!

ゆるキャラの皆さん、仁鳳さんやこの日がLastliveだった神桜舞(SHINOBI)さん他アーティストの皆さんと揃って開会宣言!

 例年通り開会式が終わればしばしフリータイム!

例年通り拘束時間30分<フリータイムという圧倒的ゆるさです。

 でもこのゆるさが「行軍時間や制約のある時間が一日の殆ど」という他のイベントや祭とは違うので、参加者の皆さんはそこを楽しんでくださいます。ありがたいことです。

 ブースの三成めしを味わったり、アーティストさんのステージを鑑賞したり、来場者にお友達を見つけて談笑したり…思い思いの三成祭を楽しんで過ごしました。

 その後、仁鳳さんのライブ盛り上げのお手伝いや、急遽発生した武将PR(運営さんからの急な要請を見事に仕切ってくださったのは、何と徳川内府さまという…すみません、私が若女将の手が離せないのを見越して…。)

DSCF7663.JPG

好きな武将や、魂と名前と姿を借りている役を超えて、石田三成祭を益々名を高め楽しくする!

今年もそんな素敵な皆さんのおかげで最高に催行できたのでした。

 

 石田三成祭だけでなく、今年も皆さんのおかげで各イベント楽しく安全に参加、催行できました。

 また、今年は本当に広く色んな所から色んな出会いとご依頼を頂戴しました。

お陰様で作品もイベントサポートも、私どもが思うよりも大きな山を登らせて頂きました。

 一方で失敗も、ダメだ…と思うことも沢山もあったのですが、やっぱりご縁に支えられ乗り越えたり押し通る(!)ことが出来ました。真心から感謝申し上げます。

 

 WEBも実店舗も2019年は1月4日より営業いたします。

また1月13日には恒例の弊店イベント「開運☆鎧詣り」を控えております。(ごめんなさい!募集は満員にて締め切りました)

 平成という時代を結び、新時代の始まりの2019年、時代物工房 一助朋月も10周年です。「サバゲ―方面」というちょっと新しい挑戦もしてまいりますので、是非ご期待くださいませ。

 

 それでは2018年大晦日、ご帰省・大掃除・お仕事・旅行やイベント等々、暖かくしてお過ごしくださいませ。

2019年も笑門来福☆

KIMG0389.jpg

 

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

 

石上神宮例祭「ふるまつり」へ!〜納品甲冑着付け御奉仕の旅〜

  • 2018.10.20 Saturday
  • 15:49

 皆さんこんにちは。滋賀県長浜市の樹脂製アクション甲冑と殺陣用カーボン刀のお店、時代物工房 一助朋月の女将ゆえです!

 さて、秋本番ですね。今日も関ヶ原や各地のイベントにご出陣の武者さんも多いかと思います、どうぞ素敵なご武運を❤

 

 我々はさる10月15日、以前7月に甲冑2領(社伝色々縅腹巻写しと勝色二枚胴)

7kaigu.jpg

こちらお納めいたしました奈良県天理市の石上神宮へ、例祭「ふるまつり」の甲冑着付け御奉仕に上がって参りました。

 

 新調甲冑コンビ、いよいよお披露目と初陣です。(お役の方がいらっしゃるまで、準備に余念が無い店主・一助。いつものイベントと違って神事祭礼ということで緊張気味です。)

isono5.jpg

お渡りの列は約200名の氏子様が各お役の装束で参列されるとのこと。お役はくじ引きで決まるのだそうですが、

甲冑騎馬武者の役はその中で2名。

お納めの際お世話になった神職さんの話では、

「一昨年(昨年は雨でお渡り中止)までは、甲冑騎馬武者といえば『鎧が重くてしんどい、馬上で目立つので気も抜けない。』と実は敬遠されがちな役」

だったとか。

「それがこんな軽くてお社縁の甲冑の写しとなったからには、今後は取り合いの役になりますよ〜!」

と神職さんの声も朗らか。喜んで着て貰えたらと我々も当該のお二方を待ちます。

 

 …とはいえ、200名の中のお二人。当然それ以外の方のご準備の方が次々に進んで行き気が付けば我々の目の前は、直垂やら白丁やら水干やら、色んな装束に着替える方で込み合ってきました。そしていかにも業者然とした形で立つ我ら。当然…

「なあ、これ袴どうやって着ますのん???」

と聞かれる。袴ならすぐ解るし、時間も余裕あるしで手伝い始める我々。次第に「水干は???この烏帽子は???」ともなる。

私は以前京都で着たことあるうろ覚えの記憶を引っ張りだしつつ、一助は他の装束着付けの係の方の所作を、見よう見真似しつつ、聞けるタイミングで確認しつつ、装束着付けもサポート。結果、装束の着付けや生地素材の勉強にもなったという、ありがたいお土産が付きました(笑)現場の学びって大切。そしてまた日ごろ装束も研鑽しておこうと思いました。

 

 そうして、装束着付けが落ち着きだした頃、甲冑騎馬武者役のお二方が入られました。

我々本来のお仕事発揮、手早く着付けてご出立準備完了!

出発場所に移動の際も

「カッコええななあ、けどこれ重いねんやろう?大変やなあ」

と声を掛けられるのですが、

「いやぁ全然楽です!」

とお二方の声も軽やかに、無事騎乗の武士となりました。

PA151745s.jpg

PA151746s.jpg

甲冑武者の役も乗馬も今回が始めてだったそうですが、

そうとは思えない堂々振りに、我々もただただ魅入って激写!

甲冑騎馬武者の他、花鉾・花笠・太鼓と賑やかに、前後を飾り、宮司様・御奉幣のお稚児さん・御鳳輦(御神輿)のお渡りが約4キロ先のお旅所へ向かいます。

PA151790bs.jpgPA151787s.jpg

天理の大通り〜在所の中を抜け、お渡りはお旅所である神社に到着。

 御鳳輦の中の神様に向けて神饌や神楽の奉納。

PA151828s.jpg

PA151832s.jpg

DSCF7587s.jpg

DSCF7586s.jpg

そういえば花の装飾が多く、御鳳輦も各装束も彩り豊かで、本当に煌びやかなお渡りです。

華やかな甲冑でお力になれたことが誇らしいと改めて感じました。

 

神様への奉納の後は、ご一行もしばしの休息。そして一路還御の途へ、また4キロの旅路です。

PA151848s.jpg

PA151853s.jpg

疲れたご様子も無く、着崩れも無く(休憩中甲冑を外すことも無く)

勇ましく晴れやかな騎馬武者として列を先導されます。

PA151873s.jpg

無事、神宮に御帰着となりました。

下馬後、お疲れや苦しいなどのご不調が無いか伺ったところ、

「大丈夫です!楽しかった!!」

とのありがたい感想を頂けました。(「でも外したときの開放感も格別やね(笑)」とも)

 

由緒ある本歌の写しをさせて頂いたことも勿論ありがたい御縁ですが、

お役目を楽しんでいただける、祭礼の晴れやかな気持ちを存分に味わってもらえる、祭礼に参加される氏子さまのお気持ちに添う甲冑としてお納めできたのも、あり難い得がたい実績だったんだと一日密着させていただいて気が付きました。

深く深く、感謝いたします。

 

 今後、「美しく、軽くて疲れにくい、着付けやすい、扱いやすい甲冑」として祭礼用としても自信を持ってお奨めして行きたいし、またそういった機会を頂けた折にはお社や氏子様のお気持ちに添うよう働いて行きたいと思います。

 

【おまけ:一方その頃の若女将さんは…】

初めての石上神宮、境内のご神使であるニワトリさんたちにご挨拶。

この↑ニワトリさんは若女将曰く「先生!」らしい…

「先生だよ、先生!」と守り役の奈良じいじ、奈良ばあばにも紹介してました。せんせい…。

そして割りと長時間飽きることなく、ニワトリさんたちと遊んでいたとか。ありがとうじいじ、ばあば…。

 

 重ね重ね、貴重な機会をありがとうございました。秋のピーク、製造も通常のお店も頑張って参りますね!

笑門来福☆

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

(撮影いたしました画像は現地にて掲載許可を頂いております。無断転載・無断転用はご遠慮ください)

 

今年も小谷城戦国祭りで色々お手伝い♪〜信長の忍びトークショー&劇団プラネットカンパニーステージ〜

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 14:52

皆さんこんにちは!

長浜市の樹脂製アクション甲冑と殺陣用カーボン刀のお店・時代物工房 一助朋月の女将ゆえです。

 秋深まって参りました!各地での戦国イベントも開催ラッシュを迎え、皆様の活躍をSNSで日々目にするのが嬉しい女将です。

 

 さて、長浜でも盛り上がっております!毎年恒例「小谷城戦国祭り」が昨日10月8日に開催されました!

来9月30日開催だったところ、台風の影響で延期・一部プログラム変更となったのですが、結果素晴らしい秋晴れの下の楽しい一日となりました!

 

 その中で私ども時代物工房 一助朋月は、京まふに引き続きテレビアニメ「信長の忍び」のキャスト・スタッフトークショーのお手伝いをして参りました。

 今回甲冑姿でのご登壇となったのはこちら、浅井長政役の声優・内匠靖明さんです!

ご当地ですからね、今年は満を持して城主さま登場です。

アニメの長政さまはなんと言っても「マッチョ!」そして青がイメージカラーなので、

青みとボリュームを感じるコーディネート。カッコよく着こなしてくださいました!

「信長の忍び」のアニメ第三期は9月に最終回を迎えたのですが、もちろん原作は連載中ですし、アニメのブルーレイリリースなども今後控えていらっしゃいます。

その辺も紹介しつつ、放映された姉川編のエピソードや描かれている長政のキャラクターについて、小谷城と快晴の空の下トークを展開。

 

 女将のゆえの私見なのですが「信長の忍び」の浅井長政公は数ある戦国作品の長政公の中でも

「ぜひ観ておきたい長政様」です!

 伝っている話や現存の肖像画ではどうやら大柄で「ふくよか系?」(長女茶々が父親似で女性としては大柄だったとか、さらには孫に当たる豊臣秀頼も並外れた巨漢だったとかいう説もあり)で、またその行動は、父親とその側近を追いやって家の再興を図ったり、一度は姻戚関係となった信長に対し猛攻を仕掛けたりと、武将らしく豪快で戦上手。

そういった容姿や性質をそのまま描くアニメやマンガってあまり無いなあと思っていたところ、「信長の忍び」の長政は筋肉モリモリのパワフルマッチョ系!!父・久政とも父子喧嘩は筋肉バトル……でもしっかり子煩悩で妻が大事という人。

「うわ〜〜〜これだぁ!こういうことかも〜〜〜!!!」とめちゃくちゃ腑に落ちた人物像でした。

これは本当に今からでも皆様ぜひチェックです❤

 

 さて、もう一つ❤こちらも毎年甲冑提供をしております、地元を中心に活躍されている劇団「プラネットカンパニー」さんによる

浅井家のワンシーンを描く寸劇。

 今回は長政・お市・そして秀吉、落城寸前にそれぞれの「己を貫く」すがすがしい姿を熱演でした!

 

 信長と戦ったことに悔いは無いという長政、娘たちを連れて織田家に行くが心は変わらないと長政に伝えるお市、

最後まで敵対する長政に、いずれ北近江もお市も全て我が物とすると宣言する秀吉。

 派手な演出や殺陣は無くて、またそれぞれが語る姿も静かながら力強い言葉で、会話劇でしっかりと観る人の心の深くに届くステージを見せてくれるのはさすがです☆

 

 最後は恒例の餅撒きで無事終幕!

その直後の舞台袖で、内匠さん・プラネットカンパニーの皆さん・そして武者行列参加の友人みのじさんも加わっての

「一助朋月甲冑合わせ」で幸せワンショット♪

若女将、お市様の着物が気になって仕方なかった模様(笑)

ちなみに今回は若女将もお着付けの現場に同行…さすが甲冑屋の娘、着付けのタイミングだけは超おりこうさんモードでした。ありがとう、スゴイよ3歳!

 

●今回ご紹介の皆様の最新情報はこちらから

TVアニメ信長の忍び公式サイト

「信長の忍び」onツイッター>

劇団プラネットカンパニー公式サイト

プラネットカンパニーonツイッター>@PLANET_COMPANY

 

会場となったのは小谷城戦国歴史資料館です

(今なら先着300枚限定で「信長の忍び×長浜市オリジナルステッカー」もらえます!)

 

さて、我々次はいよいよ「石上神宮例祭」が控えております。あの色々縅&勝色縅のお披露目…!また改めてブログでご紹介いたしますね。

笑門来福❤

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

※使用いたしました画像は現地にて関係者様の許可を得て撮影、掲載許可も頂いております。

(無断転載・無断転用はご遠慮下さいませ)

「花魁・甲冑体験スタジオ やまと桜」さま〜変身体験スタジオに一助朋月甲冑を導入して頂きました!〜

  • 2018.09.29 Saturday
  • 15:13

 皆さん、こんにちは!長浜のアクション用樹脂製甲冑と殺陣用カーボン刀のお店

時代物工房 一助朋月の女将ゆえです!

 

またしても大型台風接近…各地で29日・30日開催予定だったイベントも中止や日程変更を余儀なくされていますね。

こちら長浜では、先日紹介いたしました「小谷城戦国祭り」が9/30から10/8(月・祝)に変更されました。

お楽しみは一週お預け、まずは台風対策抜かりなく!ですね。

 

さて、夏にお納めいたしました納品先のご紹介です!

 

 …そのまえに…皆様は「変身体験」とか「変身写真」・「扮装写真」というのはご存知でしょうか?

有名なところでいえば「京都での舞妓さん変身体験」とか太秦映画村での「時代劇扮装写真」とか、

時代衣裳や特別な衣裳・ヘアメイクを体験して写真撮影してもらう体験サービスですね。

 さきがけとなった京都を中心に全国各地に有料体験サービスを併設する観光施設や、専門の撮影スタジオなどなどあるのですが、

当然、甲冑もそういった体験できるスタジオが既に何箇所かあります。

 

…だけど…

既存のそういった甲冑体験は「重さを実感」が主体だったり。

 

 もちろんそれは甲冑という非日常を味わう上で、大事な要素です。本当に。

 でも、一方で私は思うのです。

「『カッコよさ』という満足度を求める上では、重さは必要ないのでは…むしろ軽いほうが良いのでは?」と。

例えばせっかく憧れの武将甲冑を着れたけど、重さで表情が強張ったり疲労感が出たりして表情がイケてなかったとか、

思うようなポーズをキープできなかったりとか、着慣れていない人だと特にあるあるな話です。

そういった場合、重さはマイナスの要素です。

 

 質感を損なうことなく、軽さでもってストレスなくポージングや表情に集中して、

結果「カッコいい写真が撮れる」という満足度を上げる。

ウチの軽量樹脂製甲冑にならそれが出来るなあ…と思い始めたのは今年の春先。

 

そこからご縁を得て、やっと本題(笑)

このたび

奈良県大和高田市にある「花魁体験スタジオ やまと桜」さまにて、一助朋月の甲冑が体験・撮影用に導入されました!!

 

「やまと桜」さまでは、オープン4周年の目玉新企画として、甲冑体験・撮影プランを導入されることに!

お店のコンセプトも「花魁体験スタジオ」から「花魁・甲冑体験スタジオ」に変更されるくらいの本気度なのです。

その要となる甲冑3領をお誂え、お納めいたしました!男性向けサイズと女性向けサイズ、どちらもあるので、特に女性の方は

「ブカブカで着られている感でちゃう」なんてことはありません!そこは当方の現代人に合ったサイジング調整技術と樹脂製のフィットの良さをフル活用しています。

 

詳しくは是非ぜひ「やまと桜」さまの甲冑体験専用公式サイトをチェックしていただきたいのですが、

お話を頂き、これは面白いことになる!と思ったのは、独自のスタイリングのセンス!

イメージ写真がめっちゃカッコいい!!!!

 

 もとより花魁体験も時代衣裳的な花魁スタイルもあれば、現代的なビジュアルやカラーウイッグを使った2.5次元の花魁キャラ?ようなスタイルもあったり、折々のキャンペーンでは花魁だけでない多彩で贅沢な「和装系コスプレ」が楽しめるお店。

「やまと桜」さまの花魁体験の公式サイトはこちら

 もちろん、甲冑でもそれは活かされていて「自分のなりたいキャラや雰囲気に応じたヘアメイク」「カラーウイッグを使った、スタジオ撮影ならではの遊び」が適うのです。

 

 これって、甲冑の楽しみ方の新しい風になったらいいなあと思うのです。

従来、甲冑を楽しむ場はやはり「時代テーマのイベント」だったり今時だと何がしかの「おもてなし隊」だったり。

 

それらに共通するのは、時代装束としての再現度の高さを求められることだったり、祭りにせよ「おもてなし」にせよ『他者に見せる・他者やその場に貢献活動をする』のが条件だったりと、100%自分のために自由に振舞う・着飾るのは実は難しかったりします。(けっこう忘れられがちだけど…ね。)

 

 でも、変身体験は100%自分のため!

自分がしたい格好のため甲冑を装って、誰に見せる(見られる)とか何かへの貢献ではなく、自分の楽しみのため写真に残す。

たぶん、この方が敷居が低くて良いと思う人もたくさんいると思います。やっぱり日本人、まだまだ非日常な服装で外に出るのは(やってみたいけど)抵抗がある人のほうが多いでしょうし。

 

 それに私どもとしても、一助朋月の甲冑を「ちょっと」着てみたいという方への紹介先となって、それがこんなにカッコよくしてもらえる所なので、本当に嬉しいのです。

 何より、女将ゆえの元々のスタート…いわゆる沼の入り口(笑)が「変身体験めぐり」だった私にとって、故郷・奈良で変身体験をされているお店に御縁を頂けて、本当に感謝感謝!なのです。

 納品は完了いたしましたが、引き続き「やまと桜」さまの一ファンとしてもこの甲冑プラン、全力プッシュしていく構えです❤

 

甲冑プランはスタートと同時に好調のようです!ぜひ秋の奈良観光と共に、楽しんでくださいね。

 

改めて「やまと桜」さま詳細はこちらからどうぞ

甲冑体験スタジオ「やまと桜」https://www.nara-samurai.com/

花魁体験スタジオ「やまと桜」http://nara-oiran.com/

☆店舗は同一ですが、プランを詳しくごらんいただけるよう別サイトにされています。

店舗所在地:奈良県大和高田市礒野南町3-8 TEL:0745-60-1779

(日曜定休)

 

甲冑の楽しみのあらたな一助となることを祈って

笑門来福❤

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

京まふ「信長の忍び」トークイベント『京まふの陣』!

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 17:46

皆さん、こんにちは!

長浜のアクション用樹脂製甲冑と殺陣用カーボン刀身のお店、時代物工房 一助朋月の女将ゆえです!

またしても1ヶ月ばかり時間が空いてしまいました…。もう9月も後半ですね。秋の連休、皆様楽しまれていることと思います。

 

 さて、さる9月16日(日)、私女将ゆえは京都にいました。

それも「京まふ=京都国際マンガ・アニメフェア」に!!…プライベートではなく、仕事で

KIMG0138.jpg

はい、現在放送中のアニメ「信長の忍び」のキャストトークイベントのお手伝い!

織田信長役の羽多野渉さん、木下秀吉役の山口勝平さんお二方のご出演衣裳として甲冑をご用意&お着付けに行って来たのでした!

 

 長浜市声の観光大使でもある山口勝平さんより、

「京まふ、殿(=羽多野さん)と甲冑で登場したら面白いかも!」

とご提案・ご紹介頂きまして、私どもとしても

「そ、そんな!信長様と秀吉様のご上洛(=京都でのイベント)に晴れの甲冑をご用意するなんて、戦国時代の甲冑屋でも願っても得られない光栄な機会、ありがたき幸せ!!?」

と張り切ってご用意させていただきました。

 

 「信長の忍び」は織田信長に仕える忍びの少女・千鳥を中心に乱世を描く、戦国大河アニメ。

深夜時間帯にたった5分(しかも正味3分)のショートアニメにも関わらず、マニアも納得の時代考証や登場人物・エピソードの層の厚さ、美濃(岐阜)や姉川(長浜)などストーリーの舞台となった地元との連携PR、そして豪華なキャストの皆さんの熱演で、ファンを確実に掴んでいる骨太な作品!私も一ファンとして毎週楽しく拝見しています。

 

 イベントスタートが朝一番の時間帯だったのですが、スタート直前、既に会場内は満席。

そこに甲冑姿のお二人が登場されると大歓声と共に場内のテンションは一気にMAXに!出入り自由なオープンイベントだったこともあり、スタート後も観覧される方はどんどん増えて行き、最終的にはかなり後ろの方まで集まられていたそうです。

 

 トークの中では今期オンエアの前半で舞台となった姉川の話や、今後も長浜市とのタイアップPRの予定(☆後述を参照)など、長浜市の紹介もあり、ありがたくも私どもの名前も出して頂きました。

 オンエアは9月29日深夜で3期目の最終回となるのですが、願わくば遠くないウチに次4期目が決まって欲しいという願いで締め括られていました。

 (毎週見てますが…昨日も見たけど、これはこのまま終われないですよ???顕如様はまだまだ輝いているし、長政様は小谷に帰っちゃったし、武田方っぽい美女さんの正体とか…あ、個人的感想でした。)

 

 さて!終わっても終わらない、その一歩は…長浜の小谷から(笑)

9月30日(日)長浜市の小谷戦国資料館前広場で行われます「小谷城戦国まつり」にて、

浅井長政役の声優・内匠靖明さんをお迎えして「信長の忍びトークショー」があります!

タイムスケジュールはこちら>小谷戦国祭りチラシ(内側)

 3期最終回オンエア直後ということもあり、どんなお話が聞けるのか注目大です。

私どもも「小谷戦国祭り」は毎年劇団プラネットカンパニーさんの甲冑協力などお手伝いしております。

(当日は私もどこかにいるはず。)

信長の忍びFANの方、浅井長政公や浅井一家が好きな方是非、「聖地」での一日を楽しんでいただけましたら嬉しいです❤

 

また正に本日、東京ビッグサイトで開催中のツーリングエキスポJAPAN2018の滋賀県ブース内湖北エリア紹介コーナーでも、

長浜市とのタイアップを展開中とのことです。

 

オンエア情報や諸々の詳細情報は

TVアニメ信長の忍び公式サイト

「信長の忍び」onツイッター>

にてご確認くださいね。

KIMG0140.jpg

結びにもう一枚!この度は貴重な機会をありがとうございました!

※使用いたしました画像は現地にて関係者様の許可を得て撮影、掲載許可も頂いております。

(無断転載・無断転用はご遠慮下さいませ)

 

秋のイベントシーズン、皆様もどうぞ素敵なご活躍を!

笑門来福❤

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

 

殺陣用カーボン刀身9月中旬納め分、販売中です

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 15:17

こんにちは。時代物工房 一助朋月、女将ゆえです。

 

色々縅にまつわるエピソードは一旦休題。(頭の中整理中です。)

さて先週より久々に殺陣用カーボンファイバー刀身、販売中です。

 

…ここに至るまですったもんだありました。

前ロットの下請け会社への追求、該当品をお持ちのお客様への交換対応・・・

 

 それらがひと段落したとき、店主も女将も心身ともにクタクタで正直続けるべきか迷いました。

 今後の評判は?製作ペースは?

…でも、迷う以上に目の前には「次はいつ発売ですか?」の問い合わせがあったり、ますます注目される習い事としての殺陣や各所で殺陣ショーが増えるブームの波。

 

 もともと、殺陣用カーボン刀身は「安全な殺陣のため、竹光に代わる折れにくく弊店から手に入りやすい殺陣用刀身を!」というコンセプトで始めた物でした。そして販売開始時より殺陣人口は増えている…。

 ふと、ある方から頂いた言葉がよぎりました。

「どんな芸能も工芸や物造りがあって成り立っています。現代のニーズに向き合い続けてください。」

やっぱり今撤退したくない。

 もう一度、店主自らの手で間違いないものを造って行きたい。

今後販売はますます不定期にはなりますが、まずは再始動いたします。

秋の戦国イベント・パフォーマンスステージに、殺陣を習い始める際の相棒に如何でしょうか?

 

(竹光中心の現場でも、お使い頂けます。その他ご購入や納期に関する事前相談、来店打ち合わせも大歓迎です。)

WEBストア商品ページ>カーボン刀身本体 https://itisuke-ko-bo.net/products/detail.php?product_id=403

          >各種オプション https://itisuke-ko-bo.net/products/list.php?category_id=43

 

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

(動画にて殺陣用カーボン刀身のスペックを多方面から解説しております。)

 

【色々縅を巡る色々後日談その1】奈良甲冑師のまなざし

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 14:54

 お盆、お暑うございます。皆様はどちらでお過ごしでしょうか?

 

 久々のブログ更新しかも連投にお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

さて、先ほどご紹介しました。石上神宮様伝来甲冑「色々縅腹巻」写し

2iroiro.jpg

納品後、ちょっと面白い繋がり(勝手に繋がりと信じているだけですが)を見つけてしまったので、そのお話。

 

 実は、この甲冑に取り組むに当たり、暗に思っていたのが「奈良甲冑師の背中が見えるだろうか」でした。

本歌は室町時代に制作され、石上神宮様の社伝では足利尊氏奉納を云われております。武の神としても崇敬されていた石上神宮に奉納する相応しい甲冑です。

 決定つける論や研究が無いですが、我々としてはこれは造ったのはきっと奈良の甲冑師だと思っています。(時代背景的にも当時奈良では腹巻作りが盛んだったこともあり…まあ詳しい追求は、専門に研究されている方の見方次第ですが。)

 それを素材もかける時間も全く違うとはいえ、形をなぞらせて頂くからには、何か追体験のような手ごたえを掴みとりたいと考えていました。(結局いつもどおり慌しく駆け抜けたのが現実だったわけですが。)

 それでもお納め先にご満足頂き、ほっと安堵していた折、奈良甲冑師の存在を強烈に感じる出来事が…。

 

 話の種は本歌甲冑の作られた室町から江戸時代に下ります。

江戸時代を代表する甲冑師といえば、徳川家康の御用甲冑師として仕えた岩井与左衛門。

この方には以前から興味があり、私は度々暇を見つけては本やネット検索で調べては知的好奇心を満たしているのですが…。

 「岩井与左衛門」のワードで

画像検索をしていると、こんな写真が…

 なんか物凄い既視感…!!

どうやら、兜鉢の裏に銘が切ってあり、岩井与左衛門作とはっきりしている具足らしい。

6間草摺りの二枚胴具足だし、袖が大袖で胴の色に合わせた威し方ではあるのですが、

その色の取り合わせと特徴的な所々1間の草摺りの中での切り替え…断言してもいい、あれ↑ですよ、岩井先生!!

 

 岩井与左衛門は今の奈良県奈良市高天町(近鉄奈良駅付近)に住んでいたとされている。(宮崎隆旨先生著「奈良甲冑師の研究」より)

 奈良市高天町〜石上神宮はグーグルMAP計測で徒歩約2時間半(ちなみに車で約30分)…江戸時代なら充分に生活行動圏内である。

「神主さん、ちょっと観して欲しいんですわぁ。」「これは岩井殿、ささどうぞ。」…と顔パスで観に行く?

「岩井殿、ちょっと直して欲しいですわぁ。」「これは石上の神主さん、ほおほお見事な…室町の頃ので?」…と修理を請け負う?

ちょっと想像しただけでも、岩井与左衛門本人が石上神宮の色々縅を目にしていた可能性は高い!!そして、彼のアートワークに影響を与えるぐらい印象的だった…と考えると楽しい。

「そうかぁ…岩井与左衛門のまなざしも捉えるような、美しい甲冑を写させてもらったのかぁ❤」と、我々の自己満足心がフクフクしたのでした。

 

 で、この甲冑はどこに所蔵よ?と調べたら・・・ところはフランス、アンヴァリッド軍事博物館(前出の画像は同館のデジタルアーカイブよりお借りしました。英語で検索することも可能。)

ここに岩井与左衛門作の甲冑が4領伝わっています。

フランス王室の持ち物だったとか。

徳川将軍家から英国もしくはオランダ経由でフランス王室に贈ったのか、もっと別のルートで伝わったのか…奈良甲冑師の仕事が遠くフランスで今も輝きを放っているのは素敵なことです。

 

実はフランスのヴェルサイユ宮殿に憧れる、私女将ゆえ。

「いつかヴェルサイユに行って、そのついでにこの江戸時代の色々縅にも会いたいな❤」

と、憧れに思いを馳せてみたら…話はまだ続きました…

 

甲冑って不思議!

 

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

 

 

 

 

 

【作品紹介】御縁に感謝!石上神宮様に伝来甲冑「色々縅腹巻」の写しをお納めいたしました。

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 12:07

 皆さん、こんにちは。暑い暑いお盆となりました。いかがお過ごしでしょうか?

 

 さて、久々の作品紹介です。お納め先様ご紹介の許可も頂きましたので踏まえての紹介とさせていただきます。

 

なんと…奈良県天理市にあります石上神宮様に伝来甲冑「色々縅腹巻」の写しをお納めさせていただきました。

5iroiro.jpg

ちなみに元となった甲冑はこちら

画像は石上神宮様の公式サイトよりお借りしております。

 

 今回、ご用命頂くに至った次第は正直「神様の導き?」と言いたくなるような不思議なご縁でした。

 

 石上神宮様では、毎年10月15日の例祭に神輿渡御があるのですが、その際に甲冑騎馬武者の役目を氏子の方がされています。

準備に当たられた神職さんは

「甲冑をそろそろ新調したいけど、甲冑なんて度々新調するものではないので、どこに頼めばいいのか分からない。」

しかも

「現行の鉄製は重く、氏子さんに終日着て頂くのが負担になる」

と心配されていました。

それでネットで弊店を知って・・・・とかではなくて!

 

「そういった悩みから気分転換したく、奈良の天理から滋賀長浜へ観光に出かけたら、通りすがりにショーウィンドーの甲冑を見て、話をしてみようと飛び込んでしまいました。」(今回ご発注を担当された神職様・談)

 

正に出会いは突然に。

 

「甲冑を作っていらっしゃいますか?」→一助・ゆえ「はい」

「実は重いのが負担で…」→「私共のは軽い樹脂製です。」

「実は奈良で神社の祭礼用の新調を考えてまして…」→「え!奈良…あのもしかして…」

(ここで女将ゆえ、お話されている神職さんのカバンのお守りを注視…特徴的な七支刀のモチーフ)

「恐れながら、石上神宮様ですか??」

「知ってはるんですか!」

「あ、私、実家が奈良で…実はそちらの国宝七支刀が大好きなんですっ!!

告白は突然に…(ちなみに女将ゆえが2014年に七支刀実物を拝し感涙していたブログはこちら

「では、私共の社に伝わる色々縅の甲冑はご存知ですか?もし新調するなら、やはりこれと思ってまして。」

と、拝見したのは先の写真。店主・一助がその取り合わせの美しさに魅せられ

「これは造りたい!!是非是非お願いします!」

 

その場で既に気持ちは一つ。

「これは何としても造ろう!」

その後、打ち合わせを重ね、ご神前なので兜は使わないから胴と小具足とで製作、甲冑騎馬武者は2名なので、もう一領勝色(紺糸)の鎧を製作。と内容が決定。

神主様ともご挨拶させていただき、お社にある資料も頂き、製作開始しました。

 

 製作に入ると何と言っても特徴的なのは色々縅の複雑な構成。時に写真をグルグル覗き込み

「この一個先の草摺りの威しかた、見えへんかなぁ…」

と二次元である画像に無茶を言いつつも、色の切り替えの法則をつかみ、時を過ごし結局約半年係りで2領完成致しました。

4iroiro.jpg

バディを組むのは金小札勝色縅二枚胴さん。単色縅だけど、色々縅と並び立つように。

7kaigu.jpg

1kaigu.jpg

 

8kaigu.jpg

七月某日、石上神宮様にお納めしました。

早速、検品の際にも試着していただいたのですが、色々縅腹巻、人が着用していないとその色の取り合わせから女性的なイメージだったのですが、纏うと不思議、派手やかさが雄雄しさ、勇ましさになります。例祭での騎馬姿がますます楽しみです。

 軽さと扱いやすさに関しても、ご満足頂けました。

石上神宮様は山之辺の道に繋がる緑豊かなお社、そして境内には神の使いであるニワトリさんが放し飼いにされています。

自由闊達な姿はいつまでも見ていられます

素晴らしい御縁で大変学びも深い物造りをさせていただきました。心から感謝いたします。

 

 

…で、一旦例祭サポートの日まで終わるハズが、最近楽しい発見をしてしまい、

続きます。

 

甲冑ってスゴイ!!!

 

 

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

【送料無料】 奈良甲冑師の研究 / 宮崎隆旨 【単行本】
【送料無料】 奈良甲冑師の研究 / 宮崎隆旨 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
現存文化財甲冑の多くは奈良の甲冑師が作った。その姿をたどる渾身の研究

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM