石上神宮例祭「ふるまつり」へ!〜納品甲冑着付け御奉仕の旅〜

  • 2018.10.20 Saturday
  • 15:49

 皆さんこんにちは。滋賀県長浜市の樹脂製アクション甲冑と殺陣用カーボン刀のお店、時代物工房 一助朋月の女将ゆえです!

 さて、秋本番ですね。今日も関ヶ原や各地のイベントにご出陣の武者さんも多いかと思います、どうぞ素敵なご武運を❤

 

 我々はさる10月15日、以前7月に甲冑2領(社伝色々縅腹巻写しと勝色二枚胴)

7kaigu.jpg

こちらお納めいたしました奈良県天理市の石上神宮へ、例祭「ふるまつり」の甲冑着付け御奉仕に上がって参りました。

 

 新調甲冑コンビ、いよいよお披露目と初陣です。(お役の方がいらっしゃるまで、準備に余念が無い店主・一助。いつものイベントと違って神事祭礼ということで緊張気味です。)

isono5.jpg

お渡りの列は約200名の氏子様が各お役の装束で参列されるとのこと。お役はくじ引きで決まるのだそうですが、

甲冑騎馬武者の役はその中で2名。

お納めの際お世話になった神職さんの話では、

「一昨年(昨年は雨でお渡り中止)までは、甲冑騎馬武者といえば『鎧が重くてしんどい、馬上で目立つので気も抜けない。』と実は敬遠されがちな役」

だったとか。

「それがこんな軽くてお社縁の甲冑の写しとなったからには、今後は取り合いの役になりますよ〜!」

と神職さんの声も朗らか。喜んで着て貰えたらと我々も当該のお二方を待ちます。

 

 …とはいえ、200名の中のお二人。当然それ以外の方のご準備の方が次々に進んで行き気が付けば我々の目の前は、直垂やら白丁やら水干やら、色んな装束に着替える方で込み合ってきました。そしていかにも業者然とした形で立つ我ら。当然…

「なあ、これ袴どうやって着ますのん???」

と聞かれる。袴ならすぐ解るし、時間も余裕あるしで手伝い始める我々。次第に「水干は???この烏帽子は???」ともなる。

私は以前京都で着たことあるうろ覚えの記憶を引っ張りだしつつ、一助は他の装束着付けの係の方の所作を、見よう見真似しつつ、聞けるタイミングで確認しつつ、装束着付けもサポート。結果、装束の着付けや生地素材の勉強にもなったという、ありがたいお土産が付きました(笑)現場の学びって大切。そしてまた日ごろ装束も研鑽しておこうと思いました。

 

 そうして、装束着付けが落ち着きだした頃、甲冑騎馬武者役のお二方が入られました。

我々本来のお仕事発揮、手早く着付けてご出立準備完了!

出発場所に移動の際も

「カッコええななあ、けどこれ重いねんやろう?大変やなあ」

と声を掛けられるのですが、

「いやぁ全然楽です!」

とお二方の声も軽やかに、無事騎乗の武士となりました。

PA151745s.jpg

PA151746s.jpg

甲冑武者の役も乗馬も今回が始めてだったそうですが、

そうとは思えない堂々振りに、我々もただただ魅入って激写!

甲冑騎馬武者の他、花鉾・花笠・太鼓と賑やかに、前後を飾り、宮司様・御奉幣のお稚児さん・御鳳輦(御神輿)のお渡りが約4キロ先のお旅所へ向かいます。

PA151790bs.jpgPA151787s.jpg

天理の大通り〜在所の中を抜け、お渡りはお旅所である神社に到着。

 御鳳輦の中の神様に向けて神饌や神楽の奉納。

PA151828s.jpg

PA151832s.jpg

DSCF7587s.jpg

DSCF7586s.jpg

そういえば花の装飾が多く、御鳳輦も各装束も彩り豊かで、本当に煌びやかなお渡りです。

華やかな甲冑でお力になれたことが誇らしいと改めて感じました。

 

神様への奉納の後は、ご一行もしばしの休息。そして一路還御の途へ、また4キロの旅路です。

PA151848s.jpg

PA151853s.jpg

疲れたご様子も無く、着崩れも無く(休憩中甲冑を外すことも無く)

勇ましく晴れやかな騎馬武者として列を先導されます。

PA151873s.jpg

無事、神宮に御帰着となりました。

下馬後、お疲れや苦しいなどのご不調が無いか伺ったところ、

「大丈夫です!楽しかった!!」

とのありがたい感想を頂けました。(「でも外したときの開放感も格別やね(笑)」とも)

 

由緒ある本歌の写しをさせて頂いたことも勿論ありがたい御縁ですが、

お役目を楽しんでいただける、祭礼の晴れやかな気持ちを存分に味わってもらえる、祭礼に参加される氏子さまのお気持ちに添う甲冑としてお納めできたのも、あり難い得がたい実績だったんだと一日密着させていただいて気が付きました。

深く深く、感謝いたします。

 

 今後、「美しく、軽くて疲れにくい、着付けやすい、扱いやすい甲冑」として祭礼用としても自信を持ってお奨めして行きたいし、またそういった機会を頂けた折にはお社や氏子様のお気持ちに添うよう働いて行きたいと思います。

 

【おまけ:一方その頃の若女将さんは…】

初めての石上神宮、境内のご神使であるニワトリさんたちにご挨拶。

この↑ニワトリさんは若女将曰く「先生!」らしい…

「先生だよ、先生!」と守り役の奈良じいじ、奈良ばあばにも紹介してました。せんせい…。

そして割りと長時間飽きることなく、ニワトリさんたちと遊んでいたとか。ありがとうじいじ、ばあば…。

 

 重ね重ね、貴重な機会をありがとうございました。秋のピーク、製造も通常のお店も頑張って参りますね!

笑門来福☆

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

(撮影いたしました画像は現地にて掲載許可を頂いております。無断転載・無断転用はご遠慮ください)

 

今年も小谷城戦国祭りで色々お手伝い♪〜信長の忍びトークショー&劇団プラネットカンパニーステージ〜

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 14:52

皆さんこんにちは!

長浜市の樹脂製アクション甲冑と殺陣用カーボン刀のお店・時代物工房 一助朋月の女将ゆえです。

 秋深まって参りました!各地での戦国イベントも開催ラッシュを迎え、皆様の活躍をSNSで日々目にするのが嬉しい女将です。

 

 さて、長浜でも盛り上がっております!毎年恒例「小谷城戦国祭り」が昨日10月8日に開催されました!

来9月30日開催だったところ、台風の影響で延期・一部プログラム変更となったのですが、結果素晴らしい秋晴れの下の楽しい一日となりました!

 

 その中で私ども時代物工房 一助朋月は、京まふに引き続きテレビアニメ「信長の忍び」のキャスト・スタッフトークショーのお手伝いをして参りました。

 今回甲冑姿でのご登壇となったのはこちら、浅井長政役の声優・内匠靖明さんです!

ご当地ですからね、今年は満を持して城主さま登場です。

アニメの長政さまはなんと言っても「マッチョ!」そして青がイメージカラーなので、

青みとボリュームを感じるコーディネート。カッコよく着こなしてくださいました!

「信長の忍び」のアニメ第三期は9月に最終回を迎えたのですが、もちろん原作は連載中ですし、アニメのブルーレイリリースなども今後控えていらっしゃいます。

その辺も紹介しつつ、放映された姉川編のエピソードや描かれている長政のキャラクターについて、小谷城と快晴の空の下トークを展開。

 

 女将のゆえの私見なのですが「信長の忍び」の浅井長政公は数ある戦国作品の長政公の中でも

「ぜひ観ておきたい長政様」です!

 伝っている話や現存の肖像画ではどうやら大柄で「ふくよか系?」(長女茶々が父親似で女性としては大柄だったとか、さらには孫に当たる豊臣秀頼も並外れた巨漢だったとかいう説もあり)で、またその行動は、父親とその側近を追いやって家の再興を図ったり、一度は姻戚関係となった信長に対し猛攻を仕掛けたりと、武将らしく豪快で戦上手。

そういった容姿や性質をそのまま描くアニメやマンガってあまり無いなあと思っていたところ、「信長の忍び」の長政は筋肉モリモリのパワフルマッチョ系!!父・久政とも父子喧嘩は筋肉バトル……でもしっかり子煩悩で妻が大事という人。

「うわ〜〜〜これだぁ!こういうことかも〜〜〜!!!」とめちゃくちゃ腑に落ちた人物像でした。

これは本当に今からでも皆様ぜひチェックです❤

 

 さて、もう一つ❤こちらも毎年甲冑提供をしております、地元を中心に活躍されている劇団「プラネットカンパニー」さんによる

浅井家のワンシーンを描く寸劇。

 今回は長政・お市・そして秀吉、落城寸前にそれぞれの「己を貫く」すがすがしい姿を熱演でした!

 

 信長と戦ったことに悔いは無いという長政、娘たちを連れて織田家に行くが心は変わらないと長政に伝えるお市、

最後まで敵対する長政に、いずれ北近江もお市も全て我が物とすると宣言する秀吉。

 派手な演出や殺陣は無くて、またそれぞれが語る姿も静かながら力強い言葉で、会話劇でしっかりと観る人の心の深くに届くステージを見せてくれるのはさすがです☆

 

 最後は恒例の餅撒きで無事終幕!

その直後の舞台袖で、内匠さん・プラネットカンパニーの皆さん・そして武者行列参加の友人みのじさんも加わっての

「一助朋月甲冑合わせ」で幸せワンショット♪

若女将、お市様の着物が気になって仕方なかった模様(笑)

ちなみに今回は若女将もお着付けの現場に同行…さすが甲冑屋の娘、着付けのタイミングだけは超おりこうさんモードでした。ありがとう、スゴイよ3歳!

 

●今回ご紹介の皆様の最新情報はこちらから

TVアニメ信長の忍び公式サイト

「信長の忍び」onツイッター>

劇団プラネットカンパニー公式サイト

プラネットカンパニーonツイッター>@PLANET_COMPANY

 

会場となったのは小谷城戦国歴史資料館です

(今なら先着300枚限定で「信長の忍び×長浜市オリジナルステッカー」もらえます!)

 

さて、我々次はいよいよ「石上神宮例祭」が控えております。あの色々縅&勝色縅のお披露目…!また改めてブログでご紹介いたしますね。

笑門来福❤

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

※使用いたしました画像は現地にて関係者様の許可を得て撮影、掲載許可も頂いております。

(無断転載・無断転用はご遠慮下さいませ)

「花魁・甲冑体験スタジオ やまと桜」さま〜変身体験スタジオに一助朋月甲冑を導入して頂きました!〜

  • 2018.09.29 Saturday
  • 15:13

 皆さん、こんにちは!長浜のアクション用樹脂製甲冑と殺陣用カーボン刀のお店

時代物工房 一助朋月の女将ゆえです!

 

またしても大型台風接近…各地で29日・30日開催予定だったイベントも中止や日程変更を余儀なくされていますね。

こちら長浜では、先日紹介いたしました「小谷城戦国祭り」が9/30から10/8(月・祝)に変更されました。

お楽しみは一週お預け、まずは台風対策抜かりなく!ですね。

 

さて、夏にお納めいたしました納品先のご紹介です!

 

 …そのまえに…皆様は「変身体験」とか「変身写真」・「扮装写真」というのはご存知でしょうか?

有名なところでいえば「京都での舞妓さん変身体験」とか太秦映画村での「時代劇扮装写真」とか、

時代衣裳や特別な衣裳・ヘアメイクを体験して写真撮影してもらう体験サービスですね。

 さきがけとなった京都を中心に全国各地に有料体験サービスを併設する観光施設や、専門の撮影スタジオなどなどあるのですが、

当然、甲冑もそういった体験できるスタジオが既に何箇所かあります。

 

…だけど…

既存のそういった甲冑体験は「重さを実感」が主体だったり。

 

 もちろんそれは甲冑という非日常を味わう上で、大事な要素です。本当に。

 でも、一方で私は思うのです。

「『カッコよさ』という満足度を求める上では、重さは必要ないのでは…むしろ軽いほうが良いのでは?」と。

例えばせっかく憧れの武将甲冑を着れたけど、重さで表情が強張ったり疲労感が出たりして表情がイケてなかったとか、

思うようなポーズをキープできなかったりとか、着慣れていない人だと特にあるあるな話です。

そういった場合、重さはマイナスの要素です。

 

 質感を損なうことなく、軽さでもってストレスなくポージングや表情に集中して、

結果「カッコいい写真が撮れる」という満足度を上げる。

ウチの軽量樹脂製甲冑にならそれが出来るなあ…と思い始めたのは今年の春先。

 

そこからご縁を得て、やっと本題(笑)

このたび

奈良県大和高田市にある「花魁体験スタジオ やまと桜」さまにて、一助朋月の甲冑が体験・撮影用に導入されました!!

 

「やまと桜」さまでは、オープン4周年の目玉新企画として、甲冑体験・撮影プランを導入されることに!

お店のコンセプトも「花魁体験スタジオ」から「花魁・甲冑体験スタジオ」に変更されるくらいの本気度なのです。

その要となる甲冑3領をお誂え、お納めいたしました!男性向けサイズと女性向けサイズ、どちらもあるので、特に女性の方は

「ブカブカで着られている感でちゃう」なんてことはありません!そこは当方の現代人に合ったサイジング調整技術と樹脂製のフィットの良さをフル活用しています。

 

詳しくは是非ぜひ「やまと桜」さまの甲冑体験専用公式サイトをチェックしていただきたいのですが、

お話を頂き、これは面白いことになる!と思ったのは、独自のスタイリングのセンス!

イメージ写真がめっちゃカッコいい!!!!

 

 もとより花魁体験も時代衣裳的な花魁スタイルもあれば、現代的なビジュアルやカラーウイッグを使った2.5次元の花魁キャラ?ようなスタイルもあったり、折々のキャンペーンでは花魁だけでない多彩で贅沢な「和装系コスプレ」が楽しめるお店。

「やまと桜」さまの花魁体験の公式サイトはこちら

 もちろん、甲冑でもそれは活かされていて「自分のなりたいキャラや雰囲気に応じたヘアメイク」「カラーウイッグを使った、スタジオ撮影ならではの遊び」が適うのです。

 

 これって、甲冑の楽しみ方の新しい風になったらいいなあと思うのです。

従来、甲冑を楽しむ場はやはり「時代テーマのイベント」だったり今時だと何がしかの「おもてなし隊」だったり。

 

それらに共通するのは、時代装束としての再現度の高さを求められることだったり、祭りにせよ「おもてなし」にせよ『他者に見せる・他者やその場に貢献活動をする』のが条件だったりと、100%自分のために自由に振舞う・着飾るのは実は難しかったりします。(けっこう忘れられがちだけど…ね。)

 

 でも、変身体験は100%自分のため!

自分がしたい格好のため甲冑を装って、誰に見せる(見られる)とか何かへの貢献ではなく、自分の楽しみのため写真に残す。

たぶん、この方が敷居が低くて良いと思う人もたくさんいると思います。やっぱり日本人、まだまだ非日常な服装で外に出るのは(やってみたいけど)抵抗がある人のほうが多いでしょうし。

 

 それに私どもとしても、一助朋月の甲冑を「ちょっと」着てみたいという方への紹介先となって、それがこんなにカッコよくしてもらえる所なので、本当に嬉しいのです。

 何より、女将ゆえの元々のスタート…いわゆる沼の入り口(笑)が「変身体験めぐり」だった私にとって、故郷・奈良で変身体験をされているお店に御縁を頂けて、本当に感謝感謝!なのです。

 納品は完了いたしましたが、引き続き「やまと桜」さまの一ファンとしてもこの甲冑プラン、全力プッシュしていく構えです❤

 

甲冑プランはスタートと同時に好調のようです!ぜひ秋の奈良観光と共に、楽しんでくださいね。

 

改めて「やまと桜」さま詳細はこちらからどうぞ

甲冑体験スタジオ「やまと桜」https://www.nara-samurai.com/

花魁体験スタジオ「やまと桜」http://nara-oiran.com/

☆店舗は同一ですが、プランを詳しくごらんいただけるよう別サイトにされています。

店舗所在地:奈良県大和高田市礒野南町3-8 TEL:0745-60-1779

(日曜定休)

 

甲冑の楽しみのあらたな一助となることを祈って

笑門来福❤

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

京まふ「信長の忍び」トークイベント『京まふの陣』!

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 17:46

皆さん、こんにちは!

長浜のアクション用樹脂製甲冑と殺陣用カーボン刀身のお店、時代物工房 一助朋月の女将ゆえです!

またしても1ヶ月ばかり時間が空いてしまいました…。もう9月も後半ですね。秋の連休、皆様楽しまれていることと思います。

 

 さて、さる9月16日(日)、私女将ゆえは京都にいました。

それも「京まふ=京都国際マンガ・アニメフェア」に!!…プライベートではなく、仕事で

KIMG0138.jpg

はい、現在放送中のアニメ「信長の忍び」のキャストトークイベントのお手伝い!

織田信長役の羽多野渉さん、木下秀吉役の山口勝平さんお二方のご出演衣裳として甲冑をご用意&お着付けに行って来たのでした!

 

 長浜市声の観光大使でもある山口勝平さんより、

「京まふ、殿(=羽多野さん)と甲冑で登場したら面白いかも!」

とご提案・ご紹介頂きまして、私どもとしても

「そ、そんな!信長様と秀吉様のご上洛(=京都でのイベント)に晴れの甲冑をご用意するなんて、戦国時代の甲冑屋でも願っても得られない光栄な機会、ありがたき幸せ!!?」

と張り切ってご用意させていただきました。

 

 「信長の忍び」は織田信長に仕える忍びの少女・千鳥を中心に乱世を描く、戦国大河アニメ。

深夜時間帯にたった5分(しかも正味3分)のショートアニメにも関わらず、マニアも納得の時代考証や登場人物・エピソードの層の厚さ、美濃(岐阜)や姉川(長浜)などストーリーの舞台となった地元との連携PR、そして豪華なキャストの皆さんの熱演で、ファンを確実に掴んでいる骨太な作品!私も一ファンとして毎週楽しく拝見しています。

 

 イベントスタートが朝一番の時間帯だったのですが、スタート直前、既に会場内は満席。

そこに甲冑姿のお二人が登場されると大歓声と共に場内のテンションは一気にMAXに!出入り自由なオープンイベントだったこともあり、スタート後も観覧される方はどんどん増えて行き、最終的にはかなり後ろの方まで集まられていたそうです。

 

 トークの中では今期オンエアの前半で舞台となった姉川の話や、今後も長浜市とのタイアップPRの予定(☆後述を参照)など、長浜市の紹介もあり、ありがたくも私どもの名前も出して頂きました。

 オンエアは9月29日深夜で3期目の最終回となるのですが、願わくば遠くないウチに次4期目が決まって欲しいという願いで締め括られていました。

 (毎週見てますが…昨日も見たけど、これはこのまま終われないですよ???顕如様はまだまだ輝いているし、長政様は小谷に帰っちゃったし、武田方っぽい美女さんの正体とか…あ、個人的感想でした。)

 

 さて!終わっても終わらない、その一歩は…長浜の小谷から(笑)

9月30日(日)長浜市の小谷戦国資料館前広場で行われます「小谷城戦国まつり」にて、

浅井長政役の声優・内匠靖明さんをお迎えして「信長の忍びトークショー」があります!

タイムスケジュールはこちら>小谷戦国祭りチラシ(内側)

 3期最終回オンエア直後ということもあり、どんなお話が聞けるのか注目大です。

私どもも「小谷戦国祭り」は毎年劇団プラネットカンパニーさんの甲冑協力などお手伝いしております。

(当日は私もどこかにいるはず。)

信長の忍びFANの方、浅井長政公や浅井一家が好きな方是非、「聖地」での一日を楽しんでいただけましたら嬉しいです❤

 

また正に本日、東京ビッグサイトで開催中のツーリングエキスポJAPAN2018の滋賀県ブース内湖北エリア紹介コーナーでも、

長浜市とのタイアップを展開中とのことです。

 

オンエア情報や諸々の詳細情報は

TVアニメ信長の忍び公式サイト

「信長の忍び」onツイッター>

にてご確認くださいね。

KIMG0140.jpg

結びにもう一枚!この度は貴重な機会をありがとうございました!

※使用いたしました画像は現地にて関係者様の許可を得て撮影、掲載許可も頂いております。

(無断転載・無断転用はご遠慮下さいませ)

 

秋のイベントシーズン、皆様もどうぞ素敵なご活躍を!

笑門来福❤

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

 

殺陣用カーボン刀身9月中旬納め分、販売中です

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 15:17

こんにちは。時代物工房 一助朋月、女将ゆえです。

 

色々縅にまつわるエピソードは一旦休題。(頭の中整理中です。)

さて先週より久々に殺陣用カーボンファイバー刀身、販売中です。

 

…ここに至るまですったもんだありました。

前ロットの下請け会社への追求、該当品をお持ちのお客様への交換対応・・・

 

 それらがひと段落したとき、店主も女将も心身ともにクタクタで正直続けるべきか迷いました。

 今後の評判は?製作ペースは?

…でも、迷う以上に目の前には「次はいつ発売ですか?」の問い合わせがあったり、ますます注目される習い事としての殺陣や各所で殺陣ショーが増えるブームの波。

 

 もともと、殺陣用カーボン刀身は「安全な殺陣のため、竹光に代わる折れにくく弊店から手に入りやすい殺陣用刀身を!」というコンセプトで始めた物でした。そして販売開始時より殺陣人口は増えている…。

 ふと、ある方から頂いた言葉がよぎりました。

「どんな芸能も工芸や物造りがあって成り立っています。現代のニーズに向き合い続けてください。」

やっぱり今撤退したくない。

 もう一度、店主自らの手で間違いないものを造って行きたい。

今後販売はますます不定期にはなりますが、まずは再始動いたします。

秋の戦国イベント・パフォーマンスステージに、殺陣を習い始める際の相棒に如何でしょうか?

 

(竹光中心の現場でも、お使い頂けます。その他ご購入や納期に関する事前相談、来店打ち合わせも大歓迎です。)

WEBストア商品ページ>カーボン刀身本体 https://itisuke-ko-bo.net/products/detail.php?product_id=403

          >各種オプション https://itisuke-ko-bo.net/products/list.php?category_id=43

 

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

(動画にて殺陣用カーボン刀身のスペックを多方面から解説しております。)

 

【色々縅を巡る色々後日談その1】奈良甲冑師のまなざし

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 14:54

 お盆、お暑うございます。皆様はどちらでお過ごしでしょうか?

 

 久々のブログ更新しかも連投にお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

さて、先ほどご紹介しました。石上神宮様伝来甲冑「色々縅腹巻」写し

2iroiro.jpg

納品後、ちょっと面白い繋がり(勝手に繋がりと信じているだけですが)を見つけてしまったので、そのお話。

 

 実は、この甲冑に取り組むに当たり、暗に思っていたのが「奈良甲冑師の背中が見えるだろうか」でした。

本歌は室町時代に制作され、石上神宮様の社伝では足利尊氏奉納を云われております。武の神としても崇敬されていた石上神宮に奉納する相応しい甲冑です。

 決定つける論や研究が無いですが、我々としてはこれは造ったのはきっと奈良の甲冑師だと思っています。(時代背景的にも当時奈良では腹巻作りが盛んだったこともあり…まあ詳しい追求は、専門に研究されている方の見方次第ですが。)

 それを素材もかける時間も全く違うとはいえ、形をなぞらせて頂くからには、何か追体験のような手ごたえを掴みとりたいと考えていました。(結局いつもどおり慌しく駆け抜けたのが現実だったわけですが。)

 それでもお納め先にご満足頂き、ほっと安堵していた折、奈良甲冑師の存在を強烈に感じる出来事が…。

 

 話の種は本歌甲冑の作られた室町から江戸時代に下ります。

江戸時代を代表する甲冑師といえば、徳川家康の御用甲冑師として仕えた岩井与左衛門。

この方には以前から興味があり、私は度々暇を見つけては本やネット検索で調べては知的好奇心を満たしているのですが…。

 「岩井与左衛門」のワードで

画像検索をしていると、こんな写真が…

 なんか物凄い既視感…!!

どうやら、兜鉢の裏に銘が切ってあり、岩井与左衛門作とはっきりしている具足らしい。

6間草摺りの二枚胴具足だし、袖が大袖で胴の色に合わせた威し方ではあるのですが、

その色の取り合わせと特徴的な所々1間の草摺りの中での切り替え…断言してもいい、あれ↑ですよ、岩井先生!!

 

 岩井与左衛門は今の奈良県奈良市高天町(近鉄奈良駅付近)に住んでいたとされている。(宮崎隆旨先生著「奈良甲冑師の研究」より)

 奈良市高天町〜石上神宮はグーグルMAP計測で徒歩約2時間半(ちなみに車で約30分)…江戸時代なら充分に生活行動圏内である。

「神主さん、ちょっと観して欲しいんですわぁ。」「これは岩井殿、ささどうぞ。」…と顔パスで観に行く?

「岩井殿、ちょっと直して欲しいですわぁ。」「これは石上の神主さん、ほおほお見事な…室町の頃ので?」…と修理を請け負う?

ちょっと想像しただけでも、岩井与左衛門本人が石上神宮の色々縅を目にしていた可能性は高い!!そして、彼のアートワークに影響を与えるぐらい印象的だった…と考えると楽しい。

「そうかぁ…岩井与左衛門のまなざしも捉えるような、美しい甲冑を写させてもらったのかぁ❤」と、我々の自己満足心がフクフクしたのでした。

 

 で、この甲冑はどこに所蔵よ?と調べたら・・・ところはフランス、アンヴァリッド軍事博物館(前出の画像は同館のデジタルアーカイブよりお借りしました。英語で検索することも可能。)

ここに岩井与左衛門作の甲冑が4領伝わっています。

フランス王室の持ち物だったとか。

徳川将軍家から英国もしくはオランダ経由でフランス王室に贈ったのか、もっと別のルートで伝わったのか…奈良甲冑師の仕事が遠くフランスで今も輝きを放っているのは素敵なことです。

 

実はフランスのヴェルサイユ宮殿に憧れる、私女将ゆえ。

「いつかヴェルサイユに行って、そのついでにこの江戸時代の色々縅にも会いたいな❤」

と、憧れに思いを馳せてみたら…話はまだ続きました…

 

甲冑って不思議!

 

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

 

 

 

 

 

【作品紹介】御縁に感謝!石上神宮様に伝来甲冑「色々縅腹巻」の写しをお納めいたしました。

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 12:07

 皆さん、こんにちは。暑い暑いお盆となりました。いかがお過ごしでしょうか?

 

 さて、久々の作品紹介です。お納め先様ご紹介の許可も頂きましたので踏まえての紹介とさせていただきます。

 

なんと…奈良県天理市にあります石上神宮様に伝来甲冑「色々縅腹巻」の写しをお納めさせていただきました。

5iroiro.jpg

ちなみに元となった甲冑はこちら

画像は石上神宮様の公式サイトよりお借りしております。

 

 今回、ご用命頂くに至った次第は正直「神様の導き?」と言いたくなるような不思議なご縁でした。

 

 石上神宮様では、毎年10月15日の例祭に神輿渡御があるのですが、その際に甲冑騎馬武者の役目を氏子の方がされています。

準備に当たられた神職さんは

「甲冑をそろそろ新調したいけど、甲冑なんて度々新調するものではないので、どこに頼めばいいのか分からない。」

しかも

「現行の鉄製は重く、氏子さんに終日着て頂くのが負担になる」

と心配されていました。

それでネットで弊店を知って・・・・とかではなくて!

 

「そういった悩みから気分転換したく、奈良の天理から滋賀長浜へ観光に出かけたら、通りすがりにショーウィンドーの甲冑を見て、話をしてみようと飛び込んでしまいました。」(今回ご発注を担当された神職様・談)

 

正に出会いは突然に。

 

「甲冑を作っていらっしゃいますか?」→一助・ゆえ「はい」

「実は重いのが負担で…」→「私共のは軽い樹脂製です。」

「実は奈良で神社の祭礼用の新調を考えてまして…」→「え!奈良…あのもしかして…」

(ここで女将ゆえ、お話されている神職さんのカバンのお守りを注視…特徴的な七支刀のモチーフ)

「恐れながら、石上神宮様ですか??」

「知ってはるんですか!」

「あ、私、実家が奈良で…実はそちらの国宝七支刀が大好きなんですっ!!

告白は突然に…(ちなみに女将ゆえが2014年に七支刀実物を拝し感涙していたブログはこちら

「では、私共の社に伝わる色々縅の甲冑はご存知ですか?もし新調するなら、やはりこれと思ってまして。」

と、拝見したのは先の写真。店主・一助がその取り合わせの美しさに魅せられ

「これは造りたい!!是非是非お願いします!」

 

その場で既に気持ちは一つ。

「これは何としても造ろう!」

その後、打ち合わせを重ね、ご神前なので兜は使わないから胴と小具足とで製作、甲冑騎馬武者は2名なので、もう一領勝色(紺糸)の鎧を製作。と内容が決定。

神主様ともご挨拶させていただき、お社にある資料も頂き、製作開始しました。

 

 製作に入ると何と言っても特徴的なのは色々縅の複雑な構成。時に写真をグルグル覗き込み

「この一個先の草摺りの威しかた、見えへんかなぁ…」

と二次元である画像に無茶を言いつつも、色の切り替えの法則をつかみ、時を過ごし結局約半年係りで2領完成致しました。

4iroiro.jpg

バディを組むのは金小札勝色縅二枚胴さん。単色縅だけど、色々縅と並び立つように。

7kaigu.jpg

1kaigu.jpg

 

8kaigu.jpg

七月某日、石上神宮様にお納めしました。

早速、検品の際にも試着していただいたのですが、色々縅腹巻、人が着用していないとその色の取り合わせから女性的なイメージだったのですが、纏うと不思議、派手やかさが雄雄しさ、勇ましさになります。例祭での騎馬姿がますます楽しみです。

 軽さと扱いやすさに関しても、ご満足頂けました。

石上神宮様は山之辺の道に繋がる緑豊かなお社、そして境内には神の使いであるニワトリさんが放し飼いにされています。

自由闊達な姿はいつまでも見ていられます

素晴らしい御縁で大変学びも深い物造りをさせていただきました。心から感謝いたします。

 

 

…で、一旦例祭サポートの日まで終わるハズが、最近楽しい発見をしてしまい、

続きます。

 

甲冑ってスゴイ!!!

 

 

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】@yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

 

 

カーボン刀をお持ちの皆様へ重要なお知らせ

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 16:28

平素よりご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。


さる5月22日にブログ・SNSにて告知いたしました、「カーボン刀身が立て続けに折れた」事案につきまして、
引き続きご報告と、現在ご利用の方へお願い申し上げます。

 

○お詫び 並びに 対応のご報告
大変申し訳ございません。5月22日以降調査を進めました結果、
2017年10月〜2018年1月お納めのカーボン刀身の中で
本来基準とすべき強度を満たされていない欠陥のあるものがございました。
 当方といたしましては、同時期製作のロットをお持ちのお客様に対し、
お手元の物が本来の強度を満たした物かどうか改めて検査し、欠陥があれば刀身を無償交換の上お戻しいたすべく、
該当のお客様には既にメールとお電話にて、着払いでお品物をお送りいただけますよう、ご連絡を進めております。
同時に交換も現在順次進めております。

 また、特に問題のある疑いの高い2017年10月〜2018年1月製以外のロットに付きましても、もし既に折れていたり、この文面をご高覧になってご不安のある場合は同じく、点検と補修・交換に応じて参りますので、どうぞご遠慮なくメールやお電話にてご一報ください。

 

○問題の起こった経緯
2015年に販売開始いたしました、カーボン刀は動画での「折れにくさ」のPRもありお陰さまで毎回即完売のご好評を頂いております。
 高まるニーズに対しまして販売の機会と出荷本数を何とか拡大させたいと、私どもは2016年10月納品以降の刀身を、樹脂の配合と成型工程を外部の樹脂加工業者に下請けに出しておりました。
下請け会社の選定と工程の引継ぎ・指導には注意を払っていたつもりでしたが、出来上がってくるものにばらつきが度々あり、都度当方で直したりリテイクに戻していたりしたのですが、結果的には私どもの基準とする品質に達していないものが混ざってしまう事態となりました。それが2017年10月〜2018年1月納品分のロットでした。
 今になって発覚したのは、それが外見では気づけない内部の構造と強度の問題であるからでした。
下請けの工程にもっと注意深くなれなかったのも、折れるまで気づけなかったのも、ひとえに私どもの落ち度です。
結果、お客様にご不安とご不信を感じさせてしまい、本当に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。

事態を重く受け止めまして、こちらの目の届きにくい下請けに任せるのは解消いたしました。

 

○今後の対応
【既にカーボン刀をお持ちのお客様へ】
前述のように点検・交換の対象以外の刀身であっても、折れたり、欠けが気になる品に対しましては、同様に対応いたしたく存じます。
ご不安のある品は直ちに下記にご連絡いただけますよう、重ねてお願い申し上げます。
刀身のこと以外にも、何かお気づきの点や改善して欲しい点などがございましたら、ご遠慮なくお申しつけくださいませ。
どんなことでも、お伺いいたしたく存知ます。

※製品に対するご相談
メール:itisuke@itisuke-ko-bo.net
TEL:0749-50-4937

【今後ご購入を検討のお客様に向けて】
2018年4月に下請け会社との契約は解消いたしました。
現在は製造担当(店主)が製造の全工程を全うするように戻しております。

全て自分の工程として責任以って、本来の「折れにくさ」のある品だけを出荷して参ります。
製造のペースや生産本数は減ってしまいますが、何卒ご了承頂けましたら幸いに存じます。


重ね重ね、ご愛顧の皆様へご心配、ご迷惑、お手数をお掛けいたしまして、心よりお詫び申し上げます。
今回の事を真摯に受け止め、より一層お使いになられる皆様へ心を砕き精進して参ります。

 

店主・塚本朋和

営業・塚本裕枝

WEB 時代物工房 一助朋月

520-0059滋賀県長浜市元浜町18-20

TEL 0749-50-4937

MAIL itisuke@itisuke-ko-bo.net

 

 

【重要】2017年10月〜2018年1月お納めのカーボン刀ついてお知らせ

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 17:21

いつも一方ならぬご愛顧を皆様より賜りまして、誠にありがとうございます。

 

大変重要なお知らせです。 誠に申し訳ございません。

 

発売開始以来「折れにくい殺陣用刀身」として、ご信頼を頂いて参りました「カーボン刀身」ですが、

2017年10月〜2018年1月お納めのロットで 立て続けに2件、使用中に折れてしまったとお客様よりご報告がありました。

 

現在弊店にて原因究明と対応に当たっております。

ロット全体の欠陥であれば対象の期間にお買い上げのお客様には今後、個別にご連絡の上交換など対応致したく考えておりますが、

もし該当のお客様の品で既にご不備がございましたら、ご遠慮なくご連絡頂けましたら幸いに存じます。

(なにぶん夫婦二人の小規模な工房ですので、対応にはどうしてもある程度お時間を頂くかも知れませんが宜しくお願い申し上げます。)

まずは緊急につきにこちらにてご報告申し上げます。

ご不安をお掛けして大変申し訳ございません。

 

店主・塚本朋和

営業・塚本裕枝

WEB 時代物工房 一助朋月

520-0059滋賀県長浜市元浜町18-20

TEL 0749-50-4937

MAIL itisuke@itisuke-ko-bo.net

 

戦国イベント業界に「イベント託児」があったら良いなぁ…の件(その3・6/9交渉できました!)

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 15:13

 皆さん、こんにちは。長浜市の舞台用甲冑工房、時代物工房 一助朋月の女将ゆえです。

さて、長浜の街は先日無事、曳山まつりも終わり、いよいよ「第5回長浜近世城下町ふるさとまつり」が参加募集開始されました!

 

今年も我々は「武将パレード」と「殺陣・剣舞パフォーマンスコンテスト 天下一演武会〜刀action〜」の二本立てを全力サポートして参ります!

☆市の募集要項はこちら→第5回近世城下町ふるさとまつり(ページの最下部に申込書ダウンロードがあります。)

 

 さて、それでは先だってより思案してきた本件・・・「このイベントを歴ママ武将&パパ武将の皆さんのため『戦国業界のイベント託児導入第一号』にしたい」という野望。

過去記事:その1考えてみた編

    :その2調べてみた編

 「過去記事その2」をアップした後日、立ち上がった今年度実行委員会に提案を出しました。しかしながら、

今回は意見預かりだけで実行委員会での導入には至らず・・・。

 うーん、仕方ない。

 昨年と同様の催行をするだけでも市の職員の皆さんや実行委員会のメンバーさんは多忙極めるのだ。そして予算のこともある。全く新しいこと、しかも子どもの安全にも関わることを直ぐに万全の状態で立ち上げるのは、本当に時間の要することだと思うし、事例のない状態では「要るのそれ?」の疑問視も明らか。

 

 仕方ないと諦めるのは簡単。でも・・・やっぱり、私はまだ可能性を探ってみたかった。そして「あって良かったのか必要なかったのか」を知るためにも、今回導入の窓口を開きたかった。

 幸いにも今年は土曜日。会場からそう遠くない民間保育所の一時保育という線があった。本当にダメもとで相談した結果・・・

ご厚意により交渉成立しました!という訳で以下お申し込み要項です!!

 


6/9(土)キッズパーク長浜さまにて「武将パレード・演武パフォーマンス参加者限定 イベント一時預かり」

していただけます!

【キッズパークさん未就園児一時預かりや夜間保育、音楽教室との連携保育で信頼と実績のある長浜市内の民間保育所です。】

 

場所:(株)イケダ光音堂キッズパークながはま

 〒526-0021長浜市八幡中山町477 風の街ビルF2

  tel. 0749-63-1894 

WEB:http://kids-park2007.com/

時間:8:00開所〜(時間制預かりなので利用時間は保護者が任意に決められます。)

保育料金:1時間1000円(今回特別のビジター価格です。)

 

【重要】申し込み方法・ご注意※厳守お願いします。

・参加者限定、事前申し込み制です。(当日飛び込み、ご観覧者はご利用できません。)

・対象は1〜6歳です(0歳児と就学児は不可です。)

・申し込みは必ずお電話にて5月31日までにお願いします。

TEL:0749-63-1894 園長:おおたに様まで

☆申し込みの際は「6/9(土)武将パレード参加者託児を申し込みたい」と必ず伝えてください。

(通常の会員制一時預かりと区別するため、お願いします)

・お電話では預かるお子様のことをお聞きしたり、持ち物のご説明をさせていただきます。

・お時間や持ち物次第では、保育料金以外の食事代やレンタル代が掛かる場合がございます。ご確認ください。

・今回は市役所・実行委員を介した企画ではありません。ご不明な点はキッズパーク様まで直接お問い合わせください。

・所在地は当日の参加者集合場所から車で10分弱の場所です。


 以上、ご検討中の歴ママ武将さま(もちろん歴パパ武将さまも)是非ぜひご利用下さいませ!

 

思えば、うちの若女将が気づかせてくれた企画です。

「長浜の武将イベントはやるな!」という新提案となれば、本当に嬉しいです。

子育てと趣味のバランスも大事❤親が自分らしく笑って楽しみましょうねこ

笑門来福

アクション用樹脂製甲冑と

殺陣用カーボン刀身の専門工房
時代物工房 一助朋月

いいねFBページ時代物工房 一助朋月
ツイッターTwitterゆえ@甲冑時代物工房「一助朋月」【公式】 @yue_ICHISUKE
カメラinstagramyue_itisuke.hougetu
ユーチューブYouTube時代物工房 一助朋月

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

【送料無料】 奈良甲冑師の研究 / 宮崎隆旨 【単行本】
【送料無料】 奈良甲冑師の研究 / 宮崎隆旨 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
現存文化財甲冑の多くは奈良の甲冑師が作った。その姿をたどる渾身の研究

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM